和楽多屋日記

伝統工芸・和雑貨の「和楽多屋」店長の日記。

北斎86歳「須佐之男命厄神退治之図」

須佐之男命厄神退治之図 新型コロナウイルスの影響で「すみだ北斎美術館」も休館中(6月1日まで)で今は作品を観ることはできませんが、こんな時だから観たくなるのが「須佐之男命厄神退治之図(すさのおのみこと やくじんたいじのず)」北斎が86歳の時に描…

風に舞う「鯉のぼり」色鮮やかなれど。

先が見えない、コロナウイルス。感染拡大を受け休園中の東京ドーム、園内に人はほとんど出ていない、美しい青空に沢山の鯉の花が咲く。ここに子どもたちの姿が戻って来る日はいつになるのでしょうか?

「不要不急」

四字熟語 「不要不急 机の前にある四字熟語カレンダー今日4月3日は、たまたま「不要不急」とあります。カレンダーは1年も前から準備され制作を始めます。1年も前その時、これほど恐ろしい新型コロナウイルスのことを想像した者は誰一人いなかったでしょう。…

花をうたう。

花ニ首 今日、5日は二十四節気の一つ「啓蟄(けいちつ)」です。いつもの年ですと梅の花を見ると、何となく来るべき暖かくなる春に向けて期待がふくらみます。梅が咲いたら、今度は桜の開花はいつごろかと気にもなるものですが、今年は少し様子が違います。…

「梅」型染版画と「屏風時計」

和楽多屋のある文京区には湯島天神、小石川後楽園、六義園などなど、梅の名所が沢山あるんですね。今それぞれに梅祭りが開催されています。 梅の季節ということもあり、今日は梅についての2作品を紹介させていただきます。一つは型染版画の「梅」です。象形…

鬼瓦の鬼が魔除け。

銀細工「鬼ペンダント」 「節分」とは、立春・立夏・立秋・立冬の前日のことなのですが、立春が1年の初めとされるところから、春の節分が一番大切だと考えられ、やがて節分といえば、春の節分ということになったようです。節分会(せつぶんえ)は、立春前日…

「神奈川沖浪裏」飾り方を考える。

「神奈川沖浪裏」の作品はたくさんあるのですが今回は少しでもイメージがつかめればと思い、能登ひば「神奈川沖浪裏」の作品およびクリスタルの「神奈川沖浪裏」作品の2点を取り上げて背景の暗いところに置いて撮影しました。 飾り方は工夫次第ですが、やは…

北斎「肉筆画帖」塩鮭と鼠

「肉筆画帖」塩鮭と鼠 昨年元号が令和に変わり、新しい時代がスタート、今年2020年干支は「庚子」、最初に戻ってねずみになりました。肉筆画帖(にくひつがじょう)』は、10枚からなる画帖で肉筆画です。正式な名称は「前北斎卍翁肉筆画帖」天保5~10年(183…

神奈川沖浪裏を3Dクリスタルで。

北斎の神奈川沖浪裏を3Dクリスタルで、より立体的に表現しました。クリスタル特有の透明感と高級感があります。海外からのお客様に日本的なものとしていかがでしょうか。 別途、名入れもできます。数がまとまる場合は特別価格でのご提供もありますのでご相談…

「笑門来福」笑う門には福来たる。

「笑顔」昨年最後のブログにも書きましたが、笑顔で暮らすことの大切さは計り知れないもので、想い以上の幸福を己と周囲にもたらすこともしばしばです。 顔いっぱいに笑みをたたえた翁面、令和の年が少しでも明るい笑顔で「希望」を持って生きていければと思…

笑顔と素直、そして今年の笑顔は。

祝い額がアートに「はのぼの地蔵」 優しい笑顔してますか、素直に明るくしてますか。 今年の漢字に選ばれたのは「令」です。 さて、もし仮に「今年の笑顔」というのあったとしたら誰になるだろう。やっぱり一番人気は渋野日向子選手ではないだろうか。 全英…

魚編の漢字いくつ読めますか?

昨日のTV、東大王対芸能人で魚編の漢字の読み方が出ていました。「鮗」(コノシロ)、「鯳」(スケトウダラ)、「鮃」(ヒラメ)です。 魚編の漢字の読み方はよく出題されます。私は、ほとんどできませんが好きな番組です。勉強とボケ防止、認知症予防にもな…

北斎/九谷、マグカップ。

緻密な九谷の技法を駆使し、手仕事で再現したマグカップ。北斎を代表する神奈川沖浪裏と凱風快晴(赤富士) 海外の方への贈り物にも、ご夫婦でペアで楽しむも良しの人気の商品です。 北斎記念品を探すなら、 和楽多屋 on stores https://warakutaya.stores.j…

年々、短くなる秋?

なぜか、そんな気がしてなりません。和楽多屋の前のイチョウの木もやっと黄色く色づいたと思ったら昨日の強い風でかなり葉が落ちてしまいました。落ち葉を掃除する方も大変です。写真は和楽多屋の前から撮影したもので、後方に塀が見えますが小石川後楽園で…

北斎記念品、和楽多屋 on stores

かって、ゴッホ、ドガ、モネ、ガレ、ドビュッシーなど西洋の有名芸術家に大きな影響を与え、今もなお日本だけでなく、海外に北斎ファンは多く、1999年雑誌『ライフ』の「この1000年で最も重要な功績を残した世界の人物100人に日本人でただ一人選ばれました。…

百寿、壽の寿。文字悠遊。

文字たちの多様な姿がここにはある。それは、弾み、躍動し、息づく。変幻、結集、競演する。謳歌し、逍遥する姿や風情、爛漫な様子に讃歌を贈りたい。文字悠々、非悠遊たれ。 百寿 壽の寿 型染版画 江戸小紋の着物や浴衣の模様、華麗な紅型など、その美しさ…

北斎にみる弘法大師、その正体は?

奇抜で大胆な発想「弘法大師修法図」晩年における最大級の肉筆画「弘法大師修法図」(こうぼうだいししゅうほうず)西新井大師所蔵。畳三畳分もある最大級の肉筆画です。以前ブログにも書きましたが、88歳という年齢を微塵も感じさせない力強さ、凄さは大き…

北斎が好き「笑ひはんにゃ」

恐怖とユーモア、並外れた「奇想天外」の想像力、「百物語」にある「笑ひはんにゃ」には北斎の着想の凄さに満ち溢れています。 「奇想天外」普通では思いもよらない奇抜なこと、珍しいこと。予想もしなかった現象や行為、結果のこと。これまで体験したことが…

東京ドーム、寒い中で「桜を見る」

「和楽多屋」は後楽園駅から2、3分のところにあり、東京ドームは目の前です。急に寒くなりましたが、ひとあし先にドームに併設されたLaQua(ラクーア)のイルミネーションで 気分転換です。今、「桜を見る会」が私的流用などなどと、大きな問題となっており…

待望の能登ヒバの「神奈川沖浪裏」完成。

北斎「神奈川沖浪裏」この作品が、白く美しい木肌に特有の癒される香りと抗菌作用をもつ「能登ヒバ」を使用し、 職人さんの巧みな技と心意気が6層の立体感で表現され、いろんな角度から鑑賞していただきたい作品となりました。 ヒバ材の持つ木の温もりに触れ…

銀細工。少し大きめ、「菊ペンダント」

和服はもちろん,洋服にも似合う銀細工の「菊ペンダント」を紹介させていただきます。菊は桜とともに、日本人が昔から大好きな花です。菊は『高貴』の花言葉もあり、百人一首でも、句が詠まれてもいるように大変、日本文化と縁りが深い花と言えます。 「菊ペ…

2020年記念硬貨「風神」「雷神」

財務省は7月29日、2020年東京オリンピック・パラリンピックを記念して発行する500円硬貨の図柄について、Twitterなどで一般投票を実施した結果、最多だった「風神雷神図屏風」を採用すると発表しました。オリンピック記念硬貨が「風神」、パラリンピック記念…

東京ドーム、アガパンサス「愛の花」。

アガパンサス「愛の花」 東京ドーム紫陽花の後は、アガパンサスが目を楽しませてくれてます。空に向かってまっすぐ伸び、茎の先にユリに似た小さな花を放射状に咲かせます。ギリシャ語で「愛」を意味する「agape(アガペー)」が語源となっていて、ヨーロッ…

東京ドーム「紫陽花」と「福禄寿」

東京ではもう、梅雨に入りました。東京ドームに七福神の1つ「福禄寿」があり、ちょっと不思議です。文京区の七福神めぐりの一つになっています。 そして、梅雨の時期にふさわしい花といえば、やはり紫陽花ですね。花の色が次々に変わるところから、花言葉は“…

楽しみ、これから。乞うご期待!

これは浅草寺「雷門」を3層で立体的に表現した額装です。白く美しい木肌、特有の癒される香りをもつ加賀のヒバ材を使用。いろんな角度から鑑賞していただきたい作品で、職人さんの巧みな技と心意気に「あっぱれ」です。 これに、ピッタリするのが北斎の「神…

ゆっくり味わう、夢二の世界。

叙情と浪漫をたたえた夢二の絵は、時を超えて愛され続けています。いわゆる「夢二式美人」と呼ばれる美人画で知られる竹久夢二。その愁いを帯びた表情と細身で優美な曲線を描く姿態。そして独特な色づかい…それはまさに大正浪漫の時代を生き、時代を創った夢…

情報サイト、「和の美・知恵」 に変化。

和楽多屋のサイトは、「和」を基本にほぼ三つの視点で構成されています。それは(1)伝統工芸・記念品(2)日本の記念品(3)「和」情報サイトです。 最近、少し検索に変化が見られます。独自の視点で書かれた「和」に関する情報 中でも「和の美・知恵」が多…

「琳派」100年ごとの華麗な世界とクリムト。

クリムト「接吻」部分 琳派,、その始まりは桃山~江戸時代。本阿弥光悦、俵屋宗達、その100年後に尾形光琳さらに100年後に酒井抱一と続きます。特徴としては、まず大和絵の伝統をもとに、豊かな装飾性・デザイン性を持ち、絵画を中心としながらも書や工芸作…

東京ドーム前、ハナモモ鮮やかに咲く。

ハナモモと東京ドーム ハナモモ(バラ科)は、花を観賞するために改良されたモモだそうです。サクラの花の咲く時期に前後して開花の時期を迎えます。モモは古来より中国では災いを除き、福を招くとされてきました。 後楽園駅からすぐのところに彩りも鮮やか…

葛飾北斎88歳のとき。

「弘法大師修法図」(こうぼうだいししゅうほうず) 晩年における最大級の肉筆画「弘法大師修法図」西新井大師所蔵。畳三畳分もある最大級の肉筆画です。 漆黒の闇を背景に、左には筋肉猛々しい赤鬼、右にはキノコに覆われた古木、その木に絡みつく犬が唸り…